Artist

JapaRoll

Hardwell が認めた唯一の日本人プロデューサー」

クリエイティブエナジー飲料ブランド「burn(バーン)」が主催する世界規模の DJ コンテスト 「burn WORLD DJ CONTEST 2014」の日本ファイナリストであり、同時に世界レベルの EDM サウンドを手掛ける音楽プロデューサーとしてもその名を馳せている。

2014 年にウクライナ出身の女性 DJ/プロデューサー「Juicy M(Armada Music)」が主宰する レコードレーベル「JUMMP Records(LA)」と契約。彼の 1st シングルとなる「Guitar Freaks」 や Juicy M のヒット曲「Show Me Love ft. ENDEMIX」の Remix をリリースし、わずか 3 ヶ 月の間にヨーロッパの EDM シーンへ JapaRoLL という名を知らしめた。更には Juicy M 本人 との共作楽曲「Rodeo」で Beatport Electro House メインチャート最高 35 位を記録(当時日本 人 EDM プロデューサー最高順位)。

その後は JUMMP Records の専属 A&R マネージャーとして新人発掘・育成を担当。オランダ の名門 SpinninRecords をはじめ、Revealed Recordings(Hardwell)、WOLV Records(Dyro)、 Maxximize Records(Blasterjaxx)といった有名レーベルから現在リリースを重ねている Olly JamesTom FerroJuicyTrax Angemi といった若手プロデューサーを発掘・レコード契約 し、彼らの名前を世界へアプローチさせた最初の人物としても知られている。

2015 年にはこれまでの Big Room House から一変、Groove House へとサウンドスタイルを変 える。わずか一年で 6 曲のオリジナル楽曲、3 曲の Bootleg Remix をリリースし、独自の Groove スタイルを確立。海外ファンの間では「JapaGroove」という愛称でも呼ばれている。

これまで彼の手掛けた楽曲は世界のトップ DJ に公式サポートされており、一例を挙げると、 HardwellDannicBlasterjaxxUmmet OzcanSick IndividualsBassjackersSidney SamsonJustin PrimeDeniz KoyuDanny AvilaTommy TrashDJ BL3NDJuicy MLucky DateSimon De Jano など、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。中でも「Dannic」や「Ummet Ozcan」からはコンスタントなサポートを受けており、アジア人プロデューサーの中でも群を抜 いて高い評価を得ている。更には日本人で唯一「Hardwell」のラジオ番組「Hardwell On Air」 で彼の楽曲がオンエアされるなど、日本人初の快挙を成し遂げており、海外メディアサイトから は「日本で一番世界に近い若手音楽プロデューサー」と称賛されている。

 

https://www.facebook.com/japarollmusic

https://soundcloud.com/japaroll

https://twitter.com/JapaRoLLMusic

http://instagram.com/japaroll/